« 春田国男『政治家の条件―リベラリスト斎藤隆夫の軌跡―』みもざ書房、2008年 | トップページ | 田中芳樹『銀河英雄伝説』創元SF文庫、2007年~ »

2008年7月 9日 (水)

福田英子『妾の半生涯』岩波文庫、1958年

大阪事件に関わった自由民権運動の女性闘士の自伝。自身の誕生(1865年)から亡夫福田友作の一周忌(1901年)あたりまでで筆をおいている。不勉強なことに、解説を読んで知ったのだが、1927年まで存命だったとは、この人もずいぶん長生きだったんですね。

だいたい大阪事件に連座した人で、漁色家(?)の大井憲太郎の被害者の一人というイメージしかなかったのだが、後半生では不幸な結婚を強いられる女性に技術を与えて経済的自立を促す学校を設立したり、「平民社のしゅうとめ役」と呼ばれたように『平民新聞』発行の手助けしたり、夫の門下生だった11歳年下の石川三四郎を愛人にしたり、と後半生も波乱万丈である。

本文の方は、文語体でとにかくカッコいい。これを執筆時は、かつての民権家が衆議院議員として彼女から見れば堕落の極みにあったという観点から、自由民権家の堕落(英子がせっかく集めた資金を宴会で使ってしまう)を描いて、男どもに啖呵をきるあたりはしびれます。

また、収監中、獄吏に優しくされ言い寄られたり、女囚にやたらと敬愛され同性愛を疑われたり、出獄後も自分の容姿が優れているといってるようなエピソードをいくつか挙げているあたりも面白い。まぁ、執筆時には11歳年下の恋人がいたようなので、自分に自信をもっていてもおかしくないですな。

圧巻は彼女の悪口である。大井憲太郎にはもちろんであるが、彼女から大井を奪った親友であり女流作家の清水紫琴への悪態はすごい。清水に関して書いている現在のものでは、清水に同情的なものが多い中、最初の弁護士の夫は清水の父を救った恩人でありながら「家計不如意」のためといわれ(一般に夫・岡崎某の女遊びを許せなかったとされる)、英子から大井を奪い、結果的には英子同様に子供のできた清水は大井に捨てられるのだが、「例の幻術をもて首尾よく農学博士の令室となりすまし」と古在由直夫人におさまり、その後、大井との子が訪ねてくると面会を断る「邪慳非道の鬼」とまでいってのける。ちなみに古在と清水の間には哲学者・古在由重が生まれている。

あと面白かったのは、英子が出獄した時、植木枝盛が「美しき薔薇花の花束」を贈ったそうである。植木って、気障な野郎だ。

|

« 春田国男『政治家の条件―リベラリスト斎藤隆夫の軌跡―』みもざ書房、2008年 | トップページ | 田中芳樹『銀河英雄伝説』創元SF文庫、2007年~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

岩波文庫」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福田英子『妾の半生涯』岩波文庫、1958年:

« 春田国男『政治家の条件―リベラリスト斎藤隆夫の軌跡―』みもざ書房、2008年 | トップページ | 田中芳樹『銀河英雄伝説』創元SF文庫、2007年~ »