2008年12月 3日 (水)

DS『采配のゆくえ』コーエー、2008年

関ヶ原の合戦を体感できるアドベンチャーゲーム。

主人公は、どうみても20代にしか見えない石田三成。三成となったプレイヤーは、「戦略」のパートで情報を集め、「合戦」のパートで言うことを聞いてくれない戦国武将たちを「説得」することによって、西軍の勝利を目指す。まさに「逆転関ヶ原」なのである。

と、書いてみたのは、私は本作はカプコンの『逆転裁判』シリーズのスタッフが会社をコーエーに移し、時を戦国時代に変えたのかと思っていたら、特に『逆転裁判』のスタッフが関係していたという情報を得ることができなかった。これって、本当に関係ないんですかね。。

ハッキリいってキャラクターの造形や台詞回し、演出、アシスタントに女の子、ゲームのシステムなどまったく『逆転裁判』と同じである。

ユーザーとしては、面白ければそれで良いので、両者の関係を云々する必要はないのですが、でもまぁさすがコーエーというか、歴史上の関ヶ原の戦いをほとんど忠実に再現しているという感じで、歴史ファンや司馬遼太郎『関ヶ原』などを読んだ人にはよくわかる小ネタが仕組まれており、けっこう楽しめる。私は司馬関ヶ原を読んで、三成頑張れと思った者だが、あそこで描かれていた三成はのろしを上げて督促したり、使者を出したり、自ら説得に当たろうとしたりと、一人気を吐いていた。本作はそうした三成のエピソードを巧みに使って、ゲームとしての楽しさを作り出している。

しかし、難易度は最近のゲーム一般に言えることだが、極めて低い。私のようなやりこまない系でゲームが余り得意でない人間にはありがたいが、一般ゲーマーには物足りないかもしれない。

次回作は、あるんでしょうか。コーエーには『三国志』など多彩なコンテンツがあるのだから、類似品はいくらでもできるだろう。でも、本作の「説得」という手法を使うなら、やはり「説得」本家の『維新の嵐』のリメイクが面白いかな、と。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

「ディアボロの試練」クリア

昨年4月、荒木飛呂彦『ジョジョの奇妙な冒険』連載20周年を記念して、有志の方々が制作したフリーソフト『ディアボロの大冒険』。ついに「ディアボロの試練」をクリアして終らすことができた。長かった。ダウンロードした時は、はまり込みすぎて、一日中こればかりやっていたものだったが、3番目のダンジョン「ディアボロの試練」がどうしてもクリアできず、半年ばかり放置していたが、ついに99回死んだところでクリア。

装備ディスクは

攻撃:スター・プラチナ+5、防御:ハーミット・パープル+45、能力:ハーミット・パープル+1

でした。防御にはパール・ジャム、スパイス・ガールズ、ウェザー・ロポート、クラフト・ワーク、スーパー・フライ、メタリカ、イエロー・テンバランスというほぼ完璧な能力つき。まったく運が良かったとしかいえないが、私はバージョン0.11でやっていたので「エルメェスのアレ」がいつまでたっても出てこず、不安なプレイを続けつつ、最後はパープル・ヘイズ+8と「時の学帽」でウンガロをやっつけてやった。

いやー、つらかった。いったい私の貴重な時間をコイツに何時間とられたことか。空腹で死んだこともあった。装備ディスクがほとんど出なくて死んだこともあった。ハーミット・パープル+120の時は、開始直後のモンスターハウスでプッチ神父に抜き取られて、ウェザー・リポートに殺された。ハーミット・パープル+70の時は、ロードローラーにつぶされたところでミスタに殺られた。何度も煮え湯を飲まされた末の勝利。しかも結構並みの装備で。良かった。これで解放されるというものですよ。

こんなものしらねぇ。という方に簡単に説明すると、『ジョジョの奇妙な冒険』第5部のボス・ディアボロは、ジョルノのゴールド・エクスペリエンス・レクイエムによって何度も死を体験する運命に陥ってしまった。何度目かの死の末、あるホテルの一室に閉じ込められ、そこからつづいているダンジョンを冒険するようになった。そのダンジョンでは、『ジョジョ』第6部で登場した記憶ディスクや『ジョジョ』にまつわる様々なアイテムが落ちており、それらを駆使して最終階を目指すというもの。

ゲームとしての完成度が異常に高く、またジョジョファンには嬉しい様々な敵やアイテムの数々。昨年の20周年記念企画の中で、もっとも「ジョジョ愛」にあふれた作品で、しかもタダ。この営利目的でないところに、製作者の愛を感じるし、またディスクを装備した際に、それにあわせたロックの名曲を電子音で聴くことを可能にした。本当に、この作品、販売品ではなくフリーソフトで良かった。あの音楽がなければ、本作の魅力は激減しただろう。ダンジョンのメインテーマ、King Crimsonの「21st Century Schizoid Man」がカッコよすぎてKing Crimsonのベストを買ってしまった。個人的には、クラッシュ装備時のThe Clash「Rock The Casbah」がお気に入りで一時期、こればかり聴いていた。

本当に楽しませて頂きました。製作者の方々、すばらしいゲームをありがとう。本作は、ほぼ永久に終らない「一巡後の世界」も用意されているが、私はまだ未プレイ。そのうち、やってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月28日 (水)

ドラゴンクエストⅣ

週末、ちょっとこれにかまけてしまいました。もう第6章の裏ボス倒し、アイテムもらえる中ボスを最後まで倒し、モンスター図鑑をコンプリートし、製作者側が作ってくれたシナリオは遊び倒したといってよいでしょう。私はやりこみとかには興味ないしね。

本作は1990年にでたファミコン版、2001年にでたプレイステーション版のニンテンドーDSへの移植なのだが、私はPS版はやっていないのでまさに17年ぶりにDQⅣの世界に舞い戻ったということになろう。PS版をプレイした人にとっては、第6章に導入など、PS版とほとんど変わらないシナリオにガッカリというところもあるだろうが、私は十分楽しめたね。FC版の本作は、「クリフトがむやみにザラキやるゲーム」という印象ばかりで、とてつもなく酷いゲームだと思ったものだが、今回はちゃんと「命令させろ」があるし、仲間との会話システムもあるというわけで、機能の問題に煩わされず、物語を楽しめた。こんなに面白いシナリオだったんだな、これは。

しかし、どうでもいい話だが、FC版のパッケージの不敵に微笑む主人公が当時から気になってしまった。シナリオでは、父親は神の怒りに触れて殺され、育ての親や村人、恋人(?)がいきなり皆殺しに会うという重く悲劇的な運命を背負う主人公の顔にしては、ずいぶんと力強い面魂ではないかと違和感を感じたものだが、本作で新しくなったと思しきパッケージイラストも不敵に微笑んでいる。もう少し物寂しい感じのイラストでもよかろうにと思うのだが。。

FC版とDS版のイラストを見比べると後者の方が丸みを帯び、キャラクター然としていて鳥山明氏が最近漫画をほとんど描かず、イラストが本業となっている影響を感じさせるが、昔の方が何か躍動感があってよかったねぇ。やっぱ現役で『ドラゴンボール』描いている作家の画だって感じがして、魅力的だったなぁ。鳥山先生も本格的な新作を描かないと退屈な画になっちゃうな、と思ってしまった本作であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)